甲状腺の病気~バセドウ病・橋本病~

この記事は2017年5月12日に再編集しました。

こんにちは。

店長の橋本です(*^。^*)

 

皆さまは、甲状腺についてご存知でしょうか。

芸能人の方でも、歌手の絢香さんやビッグダディの元奥様でタレントの美奈子さんがバセドウ病だと告白されています。

バセドウ病は甲状腺の代表的な疾患のひとつです。

今日は、甲状腺の代表的なバセドウ病橋本病についてお話をしていきます。

 

 

バセドウ病と橋本病の違いについて

 

◆バセドウ病とは

甲状腺ホルモンが過剰に作られることにより甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。

また、発病年齢は、20歳代、30歳代が全体の過半数を占め、次いで40歳代、50歳代となっています。

美奈子さんも30歳代ですね(>_<)

バセドウ病罹患率_伊藤病院2010年度

※参考資料:伊藤病院におけるバセドウ病患者の初診時年齢分布 2010初診患者 4440例

こちらの表を見て分かる通り、バセドウ病は女性がかかりやすい疾患です。

 

◆橋本病とは

甲状腺に慢性の炎症が起こったもので、慢性甲状腺炎ともいいます。

ホルモンの合成に異常がないことも多く合成が低下することから甲状腺機能低下症を起こす病気です。

甲状腺の病気は、どれも女性の方がかかりやすいですが、

橋本病は甲状腺の病気のなかでも特に女性が多いです。

 

年齢は、20歳代後半以降、とくに30、40歳代が多く、幼児や学童は大変まれだそうです。

 

橋本病_伊藤病院

※参考資料:伊藤病院 橋本病年齢別患者数

 

甲状腺異常の症状

甲状腺の働きが亢進または低下すると下記のように様々な症状が現れます。

一般によく見られる症状ですが、心臓病、糖尿病、更年期障害、

またはうつ病、認知症など、別の病気に間違われやすい病気です。

甲状腺疾患で現れる症状をまとめてみました。

当てはまる症状があるかセルフチェックしてみて下さい。

 

「バセドウ病」 セルフチェック

◆首の前、のど仏の下のあたりが腫れてきた

◆「しんどい」といった疲労感

◆イライラして、落ち着かないことが多い

◆厚い時期がつらくなった

◆動機がしたり、手足に震えがでる

◆寝つけない、夜中に何度も目が覚める

◆目が突き出てきたように感じる

◆下痢気味になった

◆月経不順、無月経

 

「橋本病」セルフチェック

◆首元が腫れている

◆「けだるい」といった疲労感

◆無気力になることが多い

◆寒い時期がつらくなった

◆身体中の筋肉が硬くなったように感じる

◆睡眠はとれているに、いつも眠い

◆食事量は変わらないのに体重が増えている

◆顔がむくんでいるに感じる

◆便秘気味になった

◆月経不順、月経過多

 

いかがでしたでしょうか?

チェックした項目が多く、気になる症状があれば病院に行って検査を行ってみましょう!

検査は、血液の採取、甲状腺の超音波検査などが行われます。

 

 

甲状腺の役割 

甲状腺は、から全体の新陳代謝を促進するホルモンを作る臓器です。

人の体では、性ホルモンをはじめさまざまな種類のホルモンが作られています。

甲状腺ホルモンは、主に海藻に含まれているヨウ素(ヨード)を材料にして合成されています。

甲状腺ホルモンは生きてゆく上では欠かせなく、

このホルモンがなくなると1~2カ月ぐらいしか生きられないとか・・・(>_<)

 

<甲状腺がある位置>

首の前方、のどぼとけのすぐ下にあり、大きさは、縦が4cmほどで、重さが18g前後です。

ちょうど蝶が羽をひろげたような形です。

 

甲状腺ホルモン分泌の仕組み

甲状腺ホルモンには、

体内のタンパク質の合成、

エネルギーの代謝、

酸素消費

などの能力を高める作用があります。

他にも、胎児の発育に重要な働きをしたり、子どもの成長を促したりする働きがあります。

 

甲状腺ホルモンははT4(サイロキシン)とT3(トリヨードサイロニン)に分かれます。

 

甲状腺ではおもにT4を作っています。

このT4が肝臓などに運ばれT3になりホルモンの働きを発揮します。

体内では、血液中の甲状腺ホルモンが常に一定の値を維持できるような仕組みが働いています。

 

これをコントロールしているのが、脳にある「下垂体」という部分から分泌される甲状腺刺激ホルモンです。

血液中の甲状腺ホルモンが増えすぎた場合は、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌量が抑えられ、

自然に甲状腺ホルモンの分泌が減少されます。

 

逆に血液中の甲状腺ホルモン濃度が正常以下になると、甲状腺刺激ホルモンの分泌量が増えて

甲状腺ホルモンの分泌を促されます。

 

血液中の甲状腺ホルモンの量は、このTSHのおかげで常に一定の範囲を維持されているのです。

 

甲状腺ホルモン仕組み2

 

甲状腺疾患の原因について

バセドウ病は、甲状腺の機能が亢進し、過剰に甲状腺ホルモンを作る病気で、

この異常には免疫が関係しています。

 

免疫は侵入した外敵を攻撃し、健康を維持するための大切な仕組みですが、

まれに自分自身の体を攻撃目標とする抗体を作ってしまうことがあります。

 

自己免疫疾患」といい、バセドウ病もこの一種なのです。

この抗体が、甲状腺刺激ホルモンの代わりに甲状腺を刺激し、どんどん甲状腺ホルモンを作らせてしまうのです。

 

なぜ自分の体を攻撃する抗体が作られてしまうのかは原因不明ですが、

バセドウ病の患者様の15%くらいは親・兄弟も同じ病気にかかっており、遺伝的な素質もある程度関係しているようです。

 

バセドウ病を根本的に治療するのは、難しいといわれています。

バセドウ病特有の症状を起こしているのは、血液中の過剰な甲状腺ホルモンです。

 

血液中の甲状腺ホルモンの量を正常にコントロールしていれば、健康な人とまったく変わらない生活ができます。

 

橋本病も、自己免疫疾患と考えられています。また、遺伝的なことも同様です。

ただし、病気が起こるには、遺伝的な素因に加えて、何らかの環境因子が関与していると考えられており

発症の誘因としてよく見られるのは、出産大きなストレスのほか、ヨードの過剰摂取があります。

<ヨードとは>

ヨード(ヨウ素)は甲状腺ホルモンの主原料となるミネラルの事です。

必要な甲状腺ホルモンを作り出すために必要なヨウ素はごくわずかのため、ヨウ素不足にはほとんどなりません。

また、通常は摂りすぎてしまっても問題がない仕組みになっていますが、

バセドウ病を患っている方は、薬が効きにくくなったり、病気が再発しやすくなると言われています。

また、橋本病の方はヨードをより続けることで甲状腺のはりが大きくなったり、機能が低下する恐れがあると言われています。

◆ヨードを多く含む食品

・昆布、わかめ、ひじきなどの海藻類

(昆布だしや昆布エキスを含む調味料、加工食品なども含む)

・ヨード強化卵

・魚介類

 

甲状腺ホルモンは、脳の視床下部から命令され分泌されます。

視床下部は精神状態の影響を受けやすいため、ストレスを感じることで正常に命令を出す事が出来なくなります。

命令が適切に行われないため、ホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。

その他にも、睡眠不足、食生活の乱れ(食品添加物・防腐剤の多いもの)などもホルモンバランスの乱れの要因です。

 

当店でおすすめしているたんぽぽ茶ショウキT-1 は脳下垂体を直接活性化して、乱れた情報伝達の流れを整えます。

視床下部は再び正しい命令を出すことが出来るようになるので、ホルモンのバランスが整います。

 

 

ぜひ、一度、ご相談にお越しください。

お待ちしております(^^)/

毎月1000人の方に「萬育堂健康通信」を読まれています!

毎週水曜日・第一火曜日の13時~・15時~・17時~子宝相談受付中!

萬育堂薬房 店長

鍼灸師

子宝カウンセラー指導士

温灸カッサ指導士

橋本みさき

萬育堂薬房

〒530-0046

大阪市北区菅原町10-11 ジーニス大阪105

電話:06-6311-5181

メール:info@banikudo.com

ツイッターID:@banikudo

お問い合わせはお電話かメールにてお待ちしております。