卵子の質が悪い原因と理由!

みなさん、こんにちは。
鍼灸師、子宝カウンセラーの橋本です(^o^)/

今日は春らしい1日でしたね~
先日は近くの保育園で卒園式がありました♡
お子様の卒業を見に来られていた親御さんの目にはうるうる涙が(*_*)

小学校に入学しても楽しい1年を過ごしてほしいですね(*^_^*)♪

sotuen2 (1)

さて本日の話題です!

 

●卵子の質が悪い原因と理由!

image01

不妊治療を受けられている方はご存じの方も多いと思いますが!
女性の卵子は、男性の精子のように日々作られるものではなく、
胎児の時には原始卵胞が既に卵巣に約700万個あります!

それが出生時には100万~200万個まで減ってしまい、
思春期・月経開始時期までにはかなりの数が自然と消滅してしまいます。

思春期・生殖年齢の頃にはなんと20〜30万個まで減ってしまうのです!

 

●不妊の原因?卵の数も減っていく!?

01

 

その後も一回の月経周期につき約1000個が減少していきます。
1日に換算すると30個以上減り続けているのですね・・・(*_*)

年齢とともに卵子は減少し、閉経をもって限りなくゼロに近づきます。

原始卵胞(卵子の前身)は長い間体内にあるのです。
つまり、女性の年齢があがるほど、卵子も同じ様に年を取り(老化)数も減っていくのです。
卵子の老化が進むと染色体異常や未成熟の卵子が増えていきます。

 

●排卵される卵子の「数と質」が良ければ妊娠率は高くなる

質の悪い卵子(染色体異常の卵子)では妊娠するだけの力が足りません。
もしくは、継続することが難しくなります。

質の良い卵子(妊娠にする・継続する力を持つ卵子)が毎月きちんと排卵されることが
妊娠率を高めることになります。

高齢であったり、若くとも卵子の質が低下していると妊娠までに時間がかかったり、
妊娠しづらい根本的な原因となります。

 

●ほかに考えられる卵子の質が低下する理由は・・・?

●胃腸が弱い・悪い
●体温が低い・冷え性
●黄体機能不全
●食生活の乱れ
●運動不足
●朝ご飯がパンである

などが考えられます。

 

●今、体内にある卵子を今日からでも大切にする!

卵子の質を高めるために、どうしたら良いのかベビ待ち中のみなさんは悩みますよね・・・

しかし、卵巣にある卵子の数を増やすことはできないのです。また、卵子の老化を止めることはできません。現在卵巣に存在する染色体異常のある卵子を、良い卵子にすることはできないのです。

「卵子の質をあげる」=現在卵巣に存在する卵子の数や質を良くすることではなく、現在私たちの卵巣に残されている卵子を大切にするということになるのです!

卵子は年を取っていき数が減っていくものならば、
今ある卵子を大切に育てることが大事になります。

当店で取り扱うたんぽぽ茶ショウキT-1は質の良い卵子を作るお手伝いをさせて頂きます!!

ショウキT-1画像使用OK

また、子宝カッサ鍼灸でもお身体のサポートを行っています!

mainpict お腹カッサ

 

商品、施術費用や、内容などのお問い合わせは店頭・お電話・メールにて受付中です♪

 

子宝を望まれている方全てにステキなこうのとりが飛んできます様に、

しっかりサポートいたします!ご来店お待ちしております(*^_^*)

 

毎月1000人の方に「萬育堂健康通信」を読まれています!

毎週水曜日・第一火曜日の13時~・15時~・17時~子宝相談受付中!

 

 

IMG_3177

萬育堂薬房

鍼灸師

子宝カウンセラー

橋本 実沙樹

〒530-0046

大阪市北区菅原町10-11 ジーニス大阪105

電話:06-6311-5181

メール:info@banikudo.com

ツイッターID:@banikudo