国内初の妊婦死亡!?オウム病について知っておきましょう

皆さんこんにちは!鍼灸師、子宝カウンセラーの橋本です。

 

最近話題になっている「オウム病」について本日は紹介させていただきます。

厚生労働省によると「鳥との濃厚な接触は好ましくない」 とされていて
オウム病で国内初の妊婦死亡例が出ました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000055-it_nlab-sci

今回妊婦の死亡時期については、個人的な特定につながる可能性がある為、現段階では公表しない方針とのこと。
妊婦が鳥類を飼っていたのかは不明で、感染経路などについては、今後専門家が究明していく予定です。

 

さてオウム病ですが、
どんな病気だろうか?気を付ける事は?と心配になられている方も多いと思うのでしっかりと知識を身に付けて頂きたいです。

 

オウム病とは…

「オウム病」はインコやオウムといった「鳥類のふん」などを介して感染する、人獣共通感染症の一種です。
オウム病の診断には、とくにトリとの接触歴についての問診が重要であると言われています。飼育鳥が死んでいる場合は特に疑いが濃いと考えられていて、飼っていなくても、ペットショップに立ち寄ったり、公園でハトと接触した、などの接触歴がある場合が多いです。

 

症状…

感染すると、身に覚えのない突然の発熱や咳、頭痛といったインフルエンザに似た症状が出ると国立感染症研究所などで紹介されています。
上気道炎や気管支炎程度の軽症例から肺炎まで 様々であるが、特に初期治療が不適切でARDS(急性呼吸不全) や重症肺炎に至った場合、さらに髄膜炎、多臓器障害、ショック症状が出て致死的な経過をとることもあると言われています。
胸部X 線所見もマイコプラズマ肺炎に類似し、オウム病に特有な所見はないとされる。検査所見では白血球数は正常で、CRP や赤沈は亢進する。また中等度の肝機能異常をきたすことが多いです。

 

治療法…

オウム病の治療は「抗生物質」を使用します。
抗生物質とは、微生物によってつくられる薬で、細菌やウイルスなどの微生物増殖を抑えたり、殺菌する効果があります。軽症の場合は錠剤を服用し、9歳未満の子供や妊婦に対しては使用する抗生物質を変更します。
そして、再悪化を防ぐために、熱が下がってから少なくとも念のため10~14日は抗生物質の投与を続けることになります。

症状が重症化し、呼吸困難になったり、肺炎の症状が左右両側に広がったりした場合、入院する必要があります。
入院した際は、点滴で抗生物質を投与し、合わせて酸素投与や呼吸管理を行います。

 

予防法…

ペットとして鳥を飼っている場合は、飼育者がしっかりと「オウム病」についての知識を持っておくことがポイントです。
鳥の状態を観察して、把握しておく必要があります。

もし飼っている鳥が弱っている時には、専門獣医の診察を受け、治療することが先決。
そして野外では不用意に鳥に近づかないことです。特に!死んだ鳥には注意しましょう。このことは、高病原性トリ型インフルエンザでの注意点と同じです。

 

どんな人が気をつけるべき…?

特に小さなお子様や妊婦さんは、免疫力も落ちているので「オウム病」に罹りやすいと言われています。免疫力をつけるには、まず解毒能力を上げてあげることが大切です。
免疫力が低い方は、体温も低い傾向です。まずは冷やさない事と、食事のバランスを整えることを目指しましょう!

 

免疫を上げる為の方法は、萬育堂薬房へご相談ください!

 

毎月1000人の方に「萬育堂健康通信」を読まれています!

毎週水曜日・第一火曜日の13時~・15時~・17時~子宝相談受付中!

女性鍼灸師・カッサ療法士在中!

 

***********************

萬育堂薬房 店長

鍼灸師・子宝カウンセラー

橋本みさき

530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-11ジーニス大阪105

TEL06-6311-5181

Mailinfo@banikudo.com

PCサイト:http://www.banikudo.com/

子宝サイト:http://kodakara.banikudo.com/

LINE : @banikudo

FBページ : https://www.facebook.com/banikudo

TwitterID : banikudo

***********************