夏からは遅い!今から始める紫外線対策

皆さま、こんにちは!

暖かくなってきて、気持ちよく過ごせるようになってきましたが、

これから気になってくるのが紫外線対策ですよね。

サングラスや帽子、フェイスカバー、アームカバーなど多くの紫外線対策グッズも人気です。

 

海水浴やゴルフなど、紫外線を存分に浴びる機会も増えてきます。

 

 

こちらは気象庁のホームページからお借りした月別の紫外線平均値グラフです。

びっくりなことに、春ごろからすでに紫外線量が多いことが分かります。

夏からの紫外線対策では遅すぎると言っても過言ではありません。

紫外線の事を良く知り、早速紫外線対策を始めましょう!

 

 

●そもそも紫外線とは??

太陽から届くエネルギーの光の事を「紫外線」といいます。

英語でultravioletで略してUVとよく言いますよね。

紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波と3種類あり、このうちUV-A波とUV-B波のふたつが地球に届き、

私たちに影響を及ぼしています。

 

<UV-A波とは>

太陽から届く9割の紫外線がUV-A波になります。急激な障害はないものの、肌の奥の真皮まで侵入し

ハリや弾力をなくし、シワやたるみのを引き起こす原因になります。

すでに肌にできたメラニン色素を酸化させることで、日焼けした肌の原因にもなります。

 

<UV-B波とは>

太陽から届く紫外線の約1割となるUV-B波は、肌や目など私たちにとってとても有害です。

UV-B波は肌の表皮まで届き、短時間浴びるだけでも肌が赤くなり、数日後には黒くさせる作用があります。

肌のDNAを傷つけ、大量に浴びる事で皮膚がんの原因になります。

特に若いころに沢山の紫外線を浴びると、皮膚がんを発症する年齢も早くなることが分かっています。

赤ちゃんの頃からしっかりと紫外線対策を行う事が大切です。

眼のなかの水晶体が濁ってしまう白内障は、失明の危険性もある病気で、

約20%が紫外線が原因によるものだとWHOから発表されています。

 

 

【紫外線の影響一覧】

・皮膚がん

・白内障

・免疫力の低下

・日焼け

・肌の老化(シミ、そばかす、シワ、たるみ、乾燥、色素沈着など)

・頭皮へのダメージ

などなど

 

 

 

●紫外線が多い時間帯、天候は??

春ごろから急激に増える紫外線ですが、1日のうちの時間帯によっても紫外線の量が変化します。

紫外線の多いポイントを把握して、効率よく紫外線対策を行いましょう。

 

<紫外線が多い時間帯>

朝の10時からお昼の2時頃が1日のうちでもっとも紫外線量が多い時間帯です。

この時間帯が1日の紫外線量の50%を占めています。

 

<紫外線の多い天気>

晴れがもちろんもっとも紫外線量の多い天気ですが、雨やくもりでも紫外線は届いています。

雨の日は20~30%、曇りの日でも80%の紫外線が届いていますので、天気の良くない日もしっかりと

対策してお出かけしましょう。

 

 

●紫外線対策のおススメ!

お肌や健康に被害を及ぼす紫外線をできるだけ浴びないように、しっかりとした対策が必要です。

子供から大人まで、簡単にできる紫外線対策を紹介します。

 

①日焼け止めクリーム

紫外線対策の基本は日焼け止めクリームを肌に塗る事です。

日焼け止めクリームに含まれる紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が、それぞれ紫外線の影響を防いでくれます。

紫外線吸収剤には、ケイ皮酸誘導体(メトキシケイ皮酸オクチル)、パラアミノ安息香酸誘導体(ジメチルPABAオクチル)

、ジベンゾイルメタン誘導体(t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン)、ベンゾフェノン-9が用いられ、

紫外線を一度吸収してから熱エネルギーに変えて放出させます。

紫外線散乱剤は、微粒子酸化チタンや酸化亜鉛などが用いられる、紫外線を反射させるものです。

 

日焼け止めクリームには、『SPF』、『PA』の表示がありますが、

何のことがご存知でしょうか。

 

<SPFとは>

UV-B波の防止効果を表す数値で、Sun Protection Factorの頭文字です。

数値の大きいものがUV-Bの防止効果が高くなりますが、肌への負担も大きくなります。
<PAとは>

UV-A波の防止効果を表す数値で、Protection grade of UVAが略されPAと表示されます。

効果の表し方は、PA+、PA++、PA+++とされ、プラスが多いほどUV-Aの防止効果が高くなります。

2013年からは最もUV-A防止効果が高いPA++++(フォープラス)が追加されました。

 

最近ではスプレータイプの日焼け止めもあり、より簡単に素早く紫外線対策がとれるようになりました。

しっかりと日焼け止めクリームで紫外線対策を行うには、ムラなく肌に日焼け止めを塗る事が大切です。

耳や襟足、胸元や足の甲などは塗り忘れしやすい箇所ですので気を付けましょう。

日焼け止めを重ね付けすることで、より高い効果を得られます。

 

②サングラスを着用する

紫外線を気にする場所は、肌だけでなく「目」も重要です。

目に紫外線が入ると、日差しの強さを脳が感じとり、メラニン色素を作るよう命令が出ることで

日焼けの原因になります。先ほど紹介した白内障などの大きな目の病気以外にも、

紫外線はドライアイや充血の原因にもなります。

UVカット加工がされているサングラスやメガネを着用し、目からの紫外線侵入を避けましょう。

実は、直接肌に紫外線を浴びることだけでなく、目に入る紫外線も日焼けの一因となります。

 

③日傘、帽子、アームカバーを着用する

直接紫外線が肌に当たらないようにするためのグッズを活用することで、

簡単に紫外線対策がとれます。

このほかに、ストール、サンバイザー、手袋、マスクなども

紫外線対策として活用できます。

その他にも、家の中にいる時に窓から侵入する紫外線には、

UVカット加工がされているカーテンや、窓ガラスにUVカットフィルムを貼る事で対策できます。

車に良く乗る方は、車の窓ガラスにもぜひフィルムなどで紫外線を直接浴びないよう工夫しましょう。

 

●もし日焼けしてしまったら??

①すぐに美白成分のある化粧水やパックでメラニンの生成を抑える。

ビタミンC誘導体や、プラセンタエキス、L-システイン、アルブチンなどが

メラニンを抑制してくれる成分です。

 

②しっかりと保湿する。

日焼けした肌は炎症を起こし乾燥してしまいます。

肌を元の状態に戻すようにしっかりと保湿しましょう。

 

③きちんと睡眠時間をとる。

睡眠中に肌の新陳代謝を高めるホルモンが分泌されます。

紫外線で受けたダメージを修復するために、ホルモンが分泌される時間にきちんと寝ることが重要です。

 

 

毎月1000人の方に「萬育堂健康通信」を読まれています!

毎週水曜日・第一火曜日の13時~・15時~・17時~子宝相談受付中!

女性鍼灸師・カッサ療法士在中!

 

 

***********************
萬育堂薬房
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-11ジーニス大阪105号
TEL:06-6311-5181
Mail:info@banikudo.com
PCサイト:http://www.banikudo.com/
子宝サイト:http://kodakara.banikudo.com/
LINE : @banikudo
FBページ : https://www.facebook.com/banikudo
TwitterID : banikudo
***********************