インフルエンザの流行がピークに達しています!!

こんにちは、萬育堂薬房の志倉です。

 

 

現在、インフルエンザの流行がピークを迎えています。

 

国立感染症研究所の報告によると、2018年第2週の定点当たり報告数は26.44(患者人数130,682)となり、前週の定点当たり報告数16.31よりも増加したと掲載されていました。

 

https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html(インフルエンザ流行レベルマップ – 国立感染症研究所)

 

ここで報告されている「定点」とは、感染症法に基づいて報告される感染症(定点把握対象疾患)について、いくつかある医療機関の中から選定された医療機関(定点医療機関)からの報告の数をいいます。

「定点あたり」とは、全ての定点医療機関からの感染報告数(患者人数)を定点数(定点医療機関の数)で割った値のことで、いいかえると1医療機関当たりの平均報告数となります。

統計学的な考え方のひとつで、全ての数を把握するのは膨大で難しいと予測されるものに関しては、ランダムで抽出した数値の平均をみて全体像を予測することがあります。

 

単純に定点あたりの数が多ければ多いほど、流行度合いが強いと考えてよいと思います。

実数値で確認をすると全国的に約47万人患者人数が増えています。

 

市町村ごとの報告もあるので、今後 流行性感染症の流行度合いを確認するときに「定点」の確認が分かると便利です。

 

http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000101070.html

(大阪市の場合:健康局大阪市保健所感染症対策課感染症グループ)

 

 

 

◎インフルエンザに感染しない為のチェック項目

 

 ① 外出先から帰宅時の「手洗い・うがい」

 ② 室内の湿度を50~60%に保つ

 ③ 免疫力を向上させる

 

①、②はすぐにでも実行可能ですが、③はどうすれば良いのか分かりづらいですよね。

免疫力を向上させるためには、『身体の深部体温の上昇』と『口にする物』の見直しが大事です。

過去の記事にいくつか方法を載せているので参考にしてください。

 

今年のインフルエンザの状況は??対策を再確認!

冷え症を改善する温灸

ショウキT-1の主成分『糖鎖』について

 

 

萬育堂薬房では随時、お問い合わせを受け付けております。

気になる方は、下記のお問い合わせまで!!

 

※遠方のお客様による、電話やメールの相談も大歓迎です!!

***********************
萬育堂薬房
鍼灸師  志倉 敬章
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-11ジーニス大阪105号
TEL:06-6311-5181
PCサイト:http://www.banikudo.com/
LINE : @banikudo
TwitterID : banikudo
***********************