今日は桃の節句!ひな祭り

こんにちは、萬育堂薬房の志倉です。

 

今日は桃の節句「ひな祭り」ですね。春一番も過ぎて萬育堂のある大阪では暖かい気候です。

 

現在では3月3日に ひな祭りとされていますが、江戸時代までは「太陰太陽歴(和暦、邦歴)」という東アジアで使用されていた3月3日とされていたので現在の4月頃に行われていました。

 

今でも一部北陸などの地域では、4月3日に行われています。(桃の節句とは暖かい時期に行うので、寒冷地では時期が少しずれる。)

 

 

ひな祭りとは?

 

いつ頃から始まった風習なのかは、定かではありません。

しかしながら平安時代の京都では、既に貴族たちの子女が「雅な遊びごと」として行われていた記述があるそうです。

時は流れて江戸時代になり「遊びごと」から「儀式」へと様式が変わり、全国的に広がったとされています。

降りかかる厄災や穢れなどが雛人形を依り代(みがわり)として受けることで、子女が健やかに育つという願いを込めています。

ひな祭りで使用された雛人形は、川に流すなどの風習も残っています。(現代でそれを行うと不法投棄になるのでご注意ください。お焚き上げなどに出すと良いでしょう。

江戸時代以降は、身分の高い子女が嫁入り道具として持たされるようになり、それぞれの家の権力を表すように煌びやかな雛人形たちが誕生したと言われています。

 

 

雛人形の種類について

 

① 内裏雛(だいりびな)

一番上にある繧繝縁(うんげんべり)の厚畳の親王台の上に置かれます。

お内裏様とお雛様2人で1対のことを指します。

童謡の「うれしいひなまつり」は、お内裏様とお雛様を別物として扱っているので誤りとなります。(作者のサトウハチロー氏は、後々まで気にしていたそうです。)

 

② 三人官女(さんにんかんじょ)

二段目に配置。宮中に仕える女官の3人組み。

 

③ 五人囃子(ごにんばやし)

三段目に配置。楽士5人組み。向かって右側から、謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓(たいこ)の順で並んでいる。

 

④ 随身(ずいじん、ずいしん)

四段目に配置。右大臣と左大臣。右大臣が若者で、左大臣が年配者。

 

⑤ 仕丁(しちょう)

五段目に配置。従者と護衛が3人1組み。向かって右側から立傘(たてがさ:日傘係)、沓台(くつだい:草履持ち)、台笠(だいがさ:雨傘係)の順に並んでいる。

 

 

いかがでしょうか?

3月3日はお子様の成長を健やかに願う、両親の愛情を感じることが出来る素晴らしい日ですね。

 

これから子宝をご検討されている方は、是非とも萬育堂薬房にお越しください。

きっと皆様にとって最良の選択となるようにサポートいたします!!

 

 

萬育堂薬房では随時、お問い合わせを受け付けております。

気になる方は、下記のお問い合わせまで!!

 

※遠方のお客様による、電話やメールの相談も大歓迎です!!

***********************
萬育堂薬房
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-11ジーニス大阪105号
TEL:06-6311-5181
PCサイト:http://www.banikudo.com/
LINE : @banikudo
TwitterID : banikudo
***********************