マスクって本当に意味があるの??

皆さま、こんにちは!

最近マスクをしている人が増えていますね。

 

 

若い女の子は、「盛れる」という理由で付けている子もいるみたいですが、

大半は風邪予防、インフルエンザ対策、花粉症対策、防寒

などがメインの着用理由ではないでしょうか?

 

 

でも、マスクを付けても予防にならない

というのも耳にした事があります。

 

実際マスク着用の効果ってどうなんでしょう?

気になったので調べてみました(^^)

 

 

 

風邪・インフルエンザ予防について

 

 

風邪やインフルエンザに感染する原因のひとつに、

「飛沫感染」があります。

せきやくしゃみで飛び散った病原体が、粘膜に触れる事で感染するのが飛沫感染です。

 

飛び散った飛沫は小さな水分です。

 

感染者がマスクをしている場合は、飛沫がマスクにひっかかるため、

他の人への感染を本人が防ぐことはできます。

 

ですが、ウイルスそのものは、マスクの網目よりも小さいので、

マスクでウイルスをシャットアウトすることはできないそうです。

また、目からも感染する恐れがあるため、マスクだけでは防げません。

 

ただ、マスクをしても全く意味がない、と言う事でもありません。

 

ウイルスは湿度に弱いため、マスクをして口元の湿度を高めておくことで、

ウイルスの生存時間を短くすることができます。

また、マスクで外の乾燥した空気を直接吸わないようにし、保湿することで、

軌道粘膜の免疫を維持することができます。

免疫が低下していると、ウイルスに感染しやすくなりますので、

そういった観点では、風邪予防、インフルエンザ予防に効果的だと言えます。

 

 

 

 

花粉症予防について

花粉症の何よりの予防は、花粉を避ける事です。

花粉症の原因である花粉は、マスクの網目よりも大きいため、

花粉症予防に効果があると言えます。

 

マスクの着用で、花粉の3分の1~6分の1まで吸い込む量を減らすことができるそうです。

また、マスクと顔との間に隙間を作らない事、

マスクの内側にガーゼを当てるインナーマスクをすることで、

さらに侵入する花粉の量を減らし、予防効果を高めます。

 

マスクの種類は、ガーゼマスクよりも不織布(ふしょくふ)マスクのほうがおススメで、

使い回ししないようにしましょう。

 

 

 

萬育堂薬房では随時、お問い合わせを受け付けております。

気になる方は、下記のお問い合わせまで!!

 

※遠方のお客様による、電話やメールの相談も大歓迎です!!

 

 

 

***********************
萬育堂薬房
〒530-0046 大阪府大阪市北区菅原町10-11ジーニス大阪105号
TEL:06-6311-5181
PCサイト:http://www.banikudo.com/
LINE : @banikudo
TwitterID : banikudo
***********************