一生にティースプーン一杯しかでない女性ホルモン

皆様、こんにちは。

 

ひよこ店長こと、島原です。

 

今日は女性誌ananにも載った女性ホルモンについてお話をしていきたいと思います。

 

女性ホルモンはタイトルのように一生にティースプーン一杯しかでないと言われています。

 

女性らしい体になったり、生理が起こったり、妊娠したりこれらの女性特有のイベントはたったこれだけのホルモンによって調節されています。

 

女性ホルモンは初潮を迎えてから閉経するまでに多く出ますが、最近早期閉経になる方も増えてきております。

また女性ホルモンはストレスや冷えなどにより自律神経が乱れると分泌が著しく悪くなります。

 

女性ホルモンが低下することにより起こるトラブルは多岐にわたり、妊娠しにくいことをはじめ、肌や髪の質、月経前のイライラ、生理痛などの問題を引き起こします。

 

女性ホルモンの産生は37歳から急激に低下していきます。

卵子の老化と言われているものも、37歳から一気に下降していくという傾向がありますので、ホルモンと卵子の老化は密接な関係があると言えます。

 

ホルモンのバランスを整えて行くには先にもあった自律神経を整えていくことが大切になります。

体を温めながら、リラックスできる温灸は大変お勧めです。

 

萬育堂薬房でも行っておりますのでどうぞ一度体験に来られてください。

 

萬育堂薬房店長

薬剤師

鍼灸師

島原順一

 

〒530-0046

大阪市北区菅原町10-11 ジーニス大阪105

電話:06-6311-5181

メール:info@banikudo.com

ツイッターID:@nfo96871733

お電話かメールにてお問い合わせください。

ツイッターでもブログをアップしております。良かったフォローしてください。