マスクって本当に意味があるの??

皆さま、こんにちは! 最近マスクをしている人が増えていますね。     若い女の子は、「盛れる」という理由で付けている子もいるみたいですが、 大半は風邪予防、インフルエンザ対策、花粉症対策、防寒 などがメインの着用理由ではないでしょうか?     でも、マスクを付けても予防にならない というのも耳にした事があります。   実際マスク着用の効果ってどうなんでしょう? 気になったので調べてみました(^^)       風邪・インフルエンザ予防について     風邪やインフルエンザに感染する原因の ....more

長引く咳(せき)に要注意!!

こんにちは、萬育堂薬房の志倉です。   インフルエンザが流行する中で、その他にも季節の変わり目ということもあり風邪やアレルギーによる「咳(せき)」が通勤・通学途中によく聞かれます。   何故、病気になると咳が出てくるのでしょうか?     ◎咳は身体の防御反応だった?   咳は、鼻腔・咽喉頭・気管支、肺 などに存在する「咳受容器(機械、化学、伸展 受容器)」が異物に反応することで、脳に向かう求心性神経 ⇒ 延髄(咳中枢)⇒ 指示を受けた遠心性神経 ⇒ 咳 と反応していきます。   このように、皆さんの意思が介在する大脳まで刺激が昇って ....more

インフルエンザの治癒証明書は本当に必要?

こんにちは、萬育堂薬房の志倉です。   まだまだインフルエンザの猛威が日本列島を震撼させていますが、初期に感染した方は療養期間が終わり職場・学校に出ていく頃合いかと思います。   そんな時に、求められがちなのが『インフルエンザ治癒証明書』です。   学校生活においては部活動の参加のために、職場では集団感染を懸念して提出が求められる場合があります。   皆さんは、治癒証明書を請求すれば出てくるのが当然と考えていませんか?   じつは、医療現場や国の考え方としてはそうではないのです。     ◎まずは、国の方針の基準となる厚生労 ....more

インフルエンザになる人、ならない人。その違いとは??

皆さま、こんにちは! 本日は、今、猛威を振るうインフルエンザに打ち勝つための キーワードをご紹介します(^o^)/   皆さまは「糖鎖」というものをご存じでしょうか? 当店ブログでも何度か記事にしたことがあるので、 聞いたことあるな~という方もいらっしゃるかもしれません(^^)   テレビなどで、インフルエンザにR-1ヨーグルトの話題で盛り上がっていますが、 腸内での多糖体が免疫細胞NK細胞を活性化することはもはや常識となっています。   これがまさに糖鎖栄養素のことなんです。 毎年毎年この時期になると風邪をひく人もいれば、 風邪やインフルエンザとは無縁の元気な ....more

インフルエンザの種類について

こんにちは、萬育堂薬房の志倉です。     現在、猛威を振るっているインフルエンザですが、26日の発表では患者数283万人と1999年以降 過去最多となりました。     誠に残念ながらインフルエンザによって若年者の死亡例も確認されており、益々の警戒が必要になってきます。 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/flu/topics/201801/554518.html (日経メディカル:インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目)     今シーズンの特徴として、例年 ....more

インフルエンザの流行がピークに達しています!!

こんにちは、萬育堂薬房の志倉です。     現在、インフルエンザの流行がピークを迎えています。   国立感染症研究所の報告によると、2018年第2週の定点当たり報告数は26.44(患者人数130,682)となり、前週の定点当たり報告数16.31よりも増加したと掲載されていました。   https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html(インフルエンザ流行レベルマップ – 国立感染症研究所)   ここで報告されている「定点」とは、感染症法に基づいて報告される感染症(定点把握対象疾患)について、いくつ ....more

もう今年のピークは間近!?インフルエンザについて

皆さんこんにちは!鍼灸師、子宝カウンセラーの橋本です。   2月3日の節分、2月4日の立春も終わり、ほんのり暖かさも出てきている気がします。春はもう間近ですね。   ですが、実は気が抜けないのは「インフルエンザ」です。 12月から3月までピークを迎えますので、「予防策」に加えて「症状」「検査方法」「感染経路」などについてご紹介します。     2017年の流行はもう間近!?インフルエンザについて・・・   最新の情報で、厚生労働省は2017年2月3日、インフルエンザの全国の患者報告数が1か所あたり39.41人となり、「警報レベル」の30人を今 ....more

今から始めるウイルス対策

皆さま、こんにちは!   だいぶ涼しく秋らしくなってまいりましたね。 空気も少しずつ乾燥しはじめ、今から気を付けておきたいのは 「ウイルス感染」です。   今話題の「はしか」もウイルス感染症、 インフルエンザウイルスも早めの対策が吉です。   ※はしかについてはコチラ     ウイルスは気温が低く乾燥すると飛散量が拡大します。 また乾燥により喉のウイルス防御力が落ちてしまい、より風邪をひきやすく、 ウイルスに負けてしまいます。     ウイルスが増殖し体内に入ってしまっても、 負けない体づくりがとっても重要です。 &nbs ....more

大阪天満宮 「受験合格必勝」 祈願!! パワースポット「萬育堂薬房」   

こんにちは。 子宝カウンセラー、温灸カッサ療法士こと店長の奥田きょうこです。 華やかな成人式も終わり、いよいよ受験シーズンですね! この時期は、寝るのも惜しまず勉強に精を出している受験生の方は多いと思います。 また、受験生を持っているご両親もこの時期はピリピリとして 家族中が落ちつかないと思います。(>_<) まずは神頼みにゃん。   萬育堂の近くには、学問の神様で有名な菅原道真が 祀られている「大阪天満宮」があります。 受験シーズンになると、受験生やその家族の参拝が絶えず、 合格への願いを込めてたくさんの絵馬が奉納されています。 また大阪天満宮の境内には天神さんのお ....more

11月14日世界糖尿病デー特別企画第3弾 糖尿病とインフルエンザ

皆様、こんにちは。   ひよこ店長こと、島原です。   本日は糖尿病とインフルエンザについてまとめていきたいと思います。 糖尿病で怖いのは合併症ばかりではありません。 感染症のリスクも上がる事が知られています。 特にこれからの季節インフルエンザが流行していきますのでそこについて考えていきたいと思います。   糖尿病になると動脈硬化が進み、血流が悪くなる 糖尿病の様々な合併症を引き起こすもともとの原因は血流が悪くなる事です。   血流が悪くなるのは実は血管が硬くなる、動脈硬化が原因だったのです。 このメカニズムは少し難しいですが噛み砕きながら順番に説明して ....more